香港で美と開運Be Wish

おかげさまで香港で開業12年!香港にお住まいの美と開運意識に感度の高い日本人女性の為の自宅サロンです。ネイタルチャートセッション、大人のホロスコープ講座。心身ともにスッキリ!自分を癒し、エネルギーの方向性をポジティブに。本当の自分で新時代を生きる☆MTRダイアモンドヒル駅より徒歩6分。平日及び土日祝:午前10時から(不定休)
<< 強烈で底知れぬパワーが出せる、殻を破るなら今日☆本日の天体の動き | main | 3ヶ月計画で磨くべき人それぞれの天体エネルギーポイント☆ >>
奇数と偶数に秘められたホロスコープの重要な意味☆

香港日本人女性の為の美と開運サロンBe Wish



こんにちは、恵子です。 

いつもありがとうございます。






9月現在、香港はまだデモが収まっていません。皆さまお出かけの際は安全確認し、黒づくめの服装は避け、興味本位でデモ隊へ近づいたり写真を撮ったりしないようご注意くださいね。



ご来店が困難な場合はお日にち変更で対応させていただきますので、遠慮なくご連絡ください。

 









さて、ホロスコープの豆知識記事が人気なので、今日もちらっと書いてみたいと思います(^^)






今日は、奇数と偶数についてのお話。








東洋医学、陰陽五行の世界観では、万物は陰と陽それぞれの要素の変化から成り立ってる。という考え方がありそれに基づくと、


女性は陰

男性は陽


右は陰

左は陽




と、このような考えになります。


 


これ、耳つぼジュエリー講座でお話していますので、受講くださった生徒さまはご存じですよね(^^)








 



一方、西洋占星術の場合、数字がすべての原理となります。




ホロスコープでは、奇数と偶数にも重要な意味があるのです。



男性サイン(性)は奇数

女性サイン(性)は偶数



です。





つまり


女性性をアピールしたければ偶数を引用し


男性性をアピールしたければ奇数を引用する



そうすると、簡単にホロスコープの法則を活かすことができます。




女性性は偶数、男性性は奇数。


これ、覚えておいて損はないですよ。上手く取り入れると星のリズムに乗りやすく、運気を上げる流れにも乗りやすくなります。






さあ、ここまで読んで、勘がいい方はお気づきでしょうか。










そう、グループ活動然りなのです。




例えば、皆さんの知るアイドルでもバンドでもいいですが、女性グループ、男性グループを見渡してみてくたざい。




大変人気が高かったり、長年にわたり活躍しているグループは



ほぼ男性奇数、女性偶数から成り立っているグループです。




グループによっては最初からではなく、紆余曲折を経て最終的にたまたまその人数になったケースもあるでしょうが、強運に導かれているのでしょうね。





男の子が夢中になる戦隊ヒーロー物なんかも、たいてい5人ですよね。



私の時代だとゴレンジャー!!


古っ。。。笑


 






というわけで、奇数偶数に秘められた星の意味、面白いでしょ。





てか、ホロスコープって凄いでしょ(≧∀≦)








開運の第1歩は、まずは星を知り、その多大な影響とメッセージを自分に反映させ、適性を生かすこと。






Be Wishホロスコープセッション及び、ホロスコープ講座は来月から値上がりしますので

 


※セッションはアストロパワーマップ込みのお値段となります。




値上がり前の価格でご利用ご希望の方はお早目にご連絡くださいませ。








【ご案内】


1:セッションは場所が2ヶ所からお選びいただけるようになりました。


2:10月からセッション及びホロスコープレッスン価格が変わります。




※初めてセッションを利用される方はご予約前によくある質問と回答を必ずご一読くださいね。 









自分でネイタルチャートが読めるようになりたい方はホロスコープ講座をご利用ください☆


星読み体験プチ講座1Day


・本格星読みレッスン初級第1章


・本格星読みレッスン初級第2章







それでは今日もお読みくださりありがとうございました!
------------------

■空き状況こちら。ご予約お早目に!


■簡単ご予約フォーム

■簡単お問い合せフォーム

■サロンまでの画像付きアクセス

■Be Wishメニュー&料金表

| Keiko/Be Wish | 大人のホロスコープ講座 | 09:15 | - | - | - | -
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>